アジアヨガカンファレンスで泣いてしまった

香港の、アジアヨガカンファレンスに参加しました。

世界中のカリスマのヨガ先生が集まる祭典で、
好きなクラスを選んで受けることができます。


今回のように、いい先生だらけだと、
とても目移りしてしまいます。

全部の先生の授業を受けたくなる。


そして、がんばって、いっぱい受けました。

アメリカンなヨガも、インドの伝統的なやつも、次々と。
どの先生も、人間性がすごすぎて、超刺激的でした。


そして、どの先生も、
いろんなアプローチで、ヨガを教えていて、
続きを勉強したくなるものばっかりだった。


でも、今、必要なのは、
いろんな先生のやり方を、次々と真似するのでなく、
どのやり方でもいいから、決めたやり方で練習し続けることだと思いました。

本質は、みんな同じなのです。

そして、今日の
ゲシェ・マイケル・ローシュ先生の講義で、変なことがおこった。


今日の講義のテーマは、

「良い先生を見つけて、その先生に奉仕する方法」でした。


先生は言いました。

「今日、このカンファレンスに招待されている先生は、
 ほとんどが、良い師匠と、何年もいっしょに過ごしている。

 ダーマミトラーを見てみなさい。
 彼は師匠と、8年もいっしょに暮らしている」

そして、先生は、自分の師匠のことを話そうとしたときに、
師匠のことを思い出したようで、

「ぼくは今、ちょっと泣きたい」と言って、泣きだしました。
「師匠から受け取るのは、ヨガの知恵だけではない。
 愛情、関係、すべてを与えてくれる。
 いい先生にささげるほど幸せなことはないんだ」


ぼくも、もらい泣きをしました。

そして、自分は、いったい何をやってるんだろうと思いました。

ダーマ先生や、塚本先生のような真のヨギに出会っていながら、
まだ他に探している。


その後、みんなで、キルタンと言って、楽器に合わせて歌うのをやりました。

その歌詞は、
「グル ナイラヤ、 グル ナイラヤ」
というものでした。
たぶん、師匠への愛の言葉だと思います。


それを歌い始めたとき、
ぼくは、塚本先生が頭に浮かんできて、
なぜか涙が止まらなくなってしまいました。

ぼくが今、求めているヨガは、
2weekのティーチャートレーニングでも、
1カ月のインド滞在でもなく、

ただ、バクティ(愛)を捧げられる、1人のグル(先生)だと思いました。


うーむ。やっぱりねえ。
そうなのかねえ。

なんか、
今回受けた、ヨガカンファレンスは、
すべて、このために仕組まれていたような、不思議な感じがする。

泣いてしまったこのクラスも、今朝、急遽、変更して受けたものだし、
受けたクラスがすべて、ひとつの物語でつながっている気がします。


やっぱり、
札幌に行って、塚本先生としばらく一緒にいたいなあと
改めて思いました。

"アジアヨガカンファレンスで泣いてしまった " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]