息子が産まれた。

先日、8月13日の夕方、息子が産まれまして、
ぶじ、父親になりました。

始終、出産に立ち会えて、
とても貴重な体験ができました。


当日は、
奥さんが、めずらしく早朝に起きたと思ったら、
陣痛ということで、
病院に行く支度をはじめ、

痛がっている奥さんには悪いですが、

ぼくは、とても浮かれていて、

どのカメラを持っていこうかなあ。

何をもってこうかなあ。

と、完全に観光気分で、奥さんに、いやがられました。


出産のときの旦那とは、気楽なもんだということがわかった。


奥さんが陣痛で苦しんでるとき、

なぜか、ぼくは、猛烈な頭痛がしてきて、

分娩台の脇のソファで、数時間、うずくまってました。

痛みをこらえるために、
いっしょうけんめい呼吸に集中したりして、
おかげで、
いっしょに、陣痛気分を味わいました。


奥さんは、
ぼくがあまりにも固まって動かなくなったので、

子供が産まれるかわりに、
ぼくが死ぬんじゃないかと心配になったらしく、

「だんなさんも、ちょっと体調が悪くなったみたいです」

と、看護婦さんや助産婦さんに伝えてましたが、

みんな、「へえ」という感じで、誰も相手にしてくれず、
奥さんをかまうばっかりでした。


最後の方は、ぼくも、だいぶん復活して、
奥さんをはげます旦那をがんばりましたよ。


産まれた瞬間、
奥さんが、
「あああ、よく出てきてくれたねえ」
と言った、おばあちゃんのような涙声が、とても印象的です。


産まれて1時間ほどの息子です。

musuko.jpg

赤ちゃんの行動は、いろいろと、興味深いことがいっぱいで、

父親として、
また新たな世界を楽しんでいきたいと思います。

どうぞ、よろしくおねがいします!

"息子が産まれた。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]